大阪府内のブラック企業に打ち勝て!残業代請求で大切なポイント5つ

ブラック企業と戦い残業代を請求しよう

就業時間外の労働を残業といい、会社はあなたの自由にできる時間を残業代として買い取らなければいけません。未払い残業代請求はあなたの大事な権利です!

請求の方法と準備すること

no.1

残業代未払いは労基法違反です

残業代未払いは、労基法違反で会社側に不法行為があることを示唆しています。あなたもこの事実を知っておくと次のアクションがスムーズになります。

no.2

正しい残業代を把握する

あなたが裁量労働制の雇用であっても残業代の請求は可能です。労使協定の有無などを確認し、正しい残業代の計算方法を利用し。1時間当たりの残業代を割り出しましょう。

no.3

タイムカードなどを駆使しよう

タイムカードを逐次押印し、実際の労働時間を確認することも大切です。ここから残業代の証拠づくりになります。

no.4

労基署に駆け込み訴えをする

残業の実態などの書類を作成し、労働基準監督署へ直接相談に行きましょう。行政調査などが入る可能性が生まれます。

no.5

弁護士を通じて残業代を取りもどす

大阪府内の労働問題に詳しい弁護士に依頼することも一案です。依頼すれば調査や訴訟など一手に引き受けてくれます。

計算

基本的に回収確率がアップします

未払い分の残業代の支払いを会社に求める内容の訴えを起こしても、会社に必ず支払いなさいと言う判決が出ると考えるのはちょっと危険かもしれません。それは裁判においては、残業代請求の主張を通すためには、それを裁判所に認めてもらうための証拠と言うのが無いといけないからです。証拠が用意できないと、敗訴判決が下されてしまい、時間と労力を無駄にしてだけでなく、訴訟費用を負担することにもなりかねません。大都会大阪には弁護士の数が多く、お互いがお互いを刺激しあい、裁判テクニックなどに長けている先生が大勢います。先生に相談すれば、裁判官の心をとらえるような、準備書面や陳述書などを用意してくれることはもちろん、証拠もがっちり確保してくれることでしょう。したがって大阪の残業代請求問題に詳しい先生に相談すれば、自分で訴えを起こした場合と比べて、残業代を回収できる確率が大幅に上がることが期待できます。

早期に回収できる確率も上がるでしょう

残業代を請求できるとしても、できるだけ、早期にお金を支払ってもらいたいと考える人が多いのではないでしょうか。訴訟の場合、人的証拠調べまでするとなると、判決を得るまでに1年間以上の時間を要してしまうと言うことも珍しくありません。一審だけで終わればいいですが、どちらかが判決に納得できないとなると、高等裁判所まで足は運ぶことになってしまいます。大阪にいる残業代請求問題に精通している弁護士先生に相談すれば、訴訟になる前に会社と直接交渉を行い、1か月程度で話しをまとめてくれることも。他にも労働審判による解決や、たとえ訴えになったとしても会社側と和解するなどの方法も、考慮して動いてくれます。大阪で活躍している残業代請求を熟知している弁護士に相談すれば、自分で請求した場合と比べて、より早期に残業代を手にすることができるでしょう。

広告募集中