取得困難?日本の公文書を利用したアポスティーユ取得初めてガイド

HOME>アーカイブ>一日でも早くアポスティーユを取得できるコツ教えます!

アポスティーユが注目される理由とは

アポスティーユを受けることができれば、日本で発行される公文書が正規のものだと証明することができます。海外で会社設立をする場合や日本の不動産売買などに便利に使えます。

アポスティーユを容易に取得するには

  • 発行後3ヶ月以内の公文書を用意すること
  • 公文書は官公庁が発行した原本であること
  • 郵送申請時に返送用封筒を添付すること
  • 自分の身分を証明する書類を持参すること
  • 申請書は不備の内容に記載すること
  • 普通郵便ではなく、書留やレターパックで送付をすること
  • 余裕をもってアポスティーユ申請すること
  • 信頼できる行政書士に代行申請を依頼すること
  • 委任状なども丁寧に記載し作成すること
  • 書類は丁寧に取り扱うことが大切です。

翻訳にも対応できる

男性弁護士

外国に提出するためのアポスティーユというのは、外務省で取得する必要があります。自分で手続をすることも可能ですが、煩雑であることから世の中に存在している代行業者を通じて必要な書類の取得を依頼することができるサービスがあります。また、戸籍謄本や公正証書といった重要な書類は、転居先の外国の言葉に翻訳することも可能です。英語での記載が一般的ではありますが、現地の公用語が英語ではない場合、その他の言語にも対応することができるのです。

代行業者を利用して申請し取得する

スーツの人

外務省が発行するアポスティーユは、提出先によって内容が異なります。自分で書類を翻訳するのには技術的な限界があることから、アポスティーユ代行業者に依頼したほうが、円滑に手続きを進めることができるのです。代行業者を利用する場合、まずはメールのフォームからと祝わせることができます。必要な書類は提出先により異なるため、翻訳が必要となる場合にはその旨をフォームに記載する必要があります。その後、具体的な見積もりを出すことになるので、その料金を見てから手続きの代行を依頼するかどうかを決めることができるようになっています。アポスティーユの送付に関しては、国内のみならず海外でも国際郵便を使って送付することが可能です。

広告募集中