名古屋では士業者に相談すれば個人再生を任せることができますが、その際には依頼者は様々な費用が発生

HOME>記事一覧>破産せずに解決させるために相談できる士業者への支払い

まずは弁護士に相談

書類を書く

借金の問題を解決する方法としては、任意整理や個人再生ですが、名古屋の弁護士を紹介してもらいましょう。個人では生活を立て直すには些かムリがあるため、士業者を活用します。任意整理がもっとも弁護士費用を掛けずに済むのですが、さらに裁判所における法的手続きではないため、書類上の和解であれば司法書士でも代わりが務まりますし、費用も割安です。個人再生は、裁判所に対して申し立て、「弁済計画案」を提出する解決です。手続きが複雑なため、専門家以外ではどの解決策が適しているのか判断が難しいといえます。その点を考えれば、法的には弁護士が評価されているのも頷けます。

相談料が発生

相談会

弁護士(士業)に個人再生の相談をした場合、まずは相談料が発生します。相場は30分で5000円というのが名古屋では多いようで、旧報酬規定を目安として設定されています。もちろん、どこでも同額ではなく、さらに高額というところもありますから、相談前に金額は確認しましょう。

評判のワケ

個人再生の手続きを受任する時には、着手金が必要です。ですが、勝訴などの成果が出なくとも返金されないお金です。名古屋では、弁護士費用保険サービスも打ち出されており、こうしたトラブルの時に安価で弁護士を利用できる、そうしたサービスも評判です。

報酬という費用

そして個人再生では報酬金が発生しますが、成果に応じて金額も変わります。住宅ローンの支払いを続けながら自宅不動産は残し、他の借金だけを圧縮して支払うなどが可能です。取引履歴からの引き直し計算、不利益とならない範囲で名古屋の弁護士は報酬額を決めてくれます。分割払いも可能、中には過払い金による返金があり、弁護士費用や支払いに割り当てることもできます。

広告募集中